1. HOME
  2. イベント
  3. イベント
  4. Dreams – to be continued – 髙田賢三回顧展

Dreams – to be continued – 髙田賢三回顧展

文化服装学院の卒業生である髙田賢三氏の、学園に保管されている多くの服飾作品や出版局での取材記事、写真などで1970年代から80年代のパリモードを牽引した氏の足跡を辿ります。

「〝夢〟に向かって。〝夢〟持ち続けること。それって僕の永遠のテーマかな?」かつて未来のクリエイターにそんなメッセージをくれた髙田賢三氏。パリで作品を発表した1970年春のデビューから50周年を迎えた2020年10月に、ファッションデザイナー髙田賢三氏が新型コロナウイルスによる合併症でこの世を去りました。

本回顧展では学校法人文化学園に保管している多くの服飾作品、出版局での取材記事、写真などで氏の足跡を辿ります。パリで成功を納め、世界の〝KENZO〟となっても誰からも愛され、そして母校への愛着も人一倍持ち合わせていた髙田氏は多くの作品を文化学園に残してくれました。その中からセレクトした100体の作品を一堂に展示。

髙田賢三の代名詞の一つでもあるフォークロアの作品を服飾博物館所有の民族衣装と合わせて展示するほか、髙田賢三の名を世界的に確立したとも言える、パリのクチュールと日本の着物や他国の民族衣装を融合させたアンチクチュールと本人が銘打った作品、当時のクラッシック、様々なテクニックを駆使したニット、髙田賢三のミューズでもあったモデル山口小夜子さんが着用したドレスなども展示。文化学園服飾博物館の2階展示室では、1970年代から1980年代後半までの作品を振り返ることで髙田賢三氏の功績を辿る構成となっています。

開催期間
2021年6月1日(火)~6月27日(日) ※会期中無休
10:00~19:00
会場
文化学園服飾博物館
東京都渋谷区代々木3-22-7 新宿文化クイントビル1 階
観覧料
一般¥500 大学・専門学校・高校生¥300 小中学生¥200
詳細URL
文化学園服飾博物館
画像・テキスト資料出典
文化学園服飾博物館

関連記事