1. HOME
  2. イベント
  3. デザイン
  4. 江戸東京きらりプロジェクト「江戸東京リシンク展」

江戸東京きらりプロジェクト「江戸東京リシンク展」

「江戸東京きらりプロジェクト」によるオンライン展覧会「江戸東京リシンク展」。展覧会ディレクターを舘鼻則孝が務め、アートに昇華された伝統産業をオンラインで展示します。

「日本文化の過去を見直し現代に表現する」という舘鼻則孝の創出プロセスである「RETHINK」を起点として、古来より続く伝統産業の価値や魅力を新たなかたちで提案します。
●舘鼻則孝による伝統産業を用いた新作発表への想い
「江戸東京リシンク展」では、歴史ある東京の伝統産業の新たな在り方を現代美術家として表現しています。私の創出のプロセスでもある「RETHINK」という考え方を起点として、伝統産業の特質を現代に再解釈し作品化することに意識を傾けました。

<舘鼻則孝(たてはなのりたか) プロフィール>
1985年東京生まれ。歌舞伎町で銭湯「歌舞伎湯」を営む家系に生まれ鎌倉で育つ。シュタイナー教育に基づく人形作家である母の影響で、幼少期から手でものをつくることを覚える。2010年に東京藝術大学美術学部工芸科染織専攻を卒業。ニューヨーク、パリ、 オランダなど世界各地で作品を発表。2016年3月にパリのカルティエ現代美術財団で文楽公演を開催するなど、幅広い活動を展開している。

【参加企業】東京くみひも 龍工房、江戸小紋 廣瀬染工場、江戸切子 華硝、刃物 うぶけや、紋章上繪 京源、小町紅 伊勢半本店、江戸木版画 高橋工房、暖簾 中むら

開催期間
2021年3月1日(月)~
サイトURL
開催サイトはコチラ
詳細URL
江戸東京リシンク展
画像・テキスト資料出典
江戸東京リシンク展

関連記事